From Shizuoka to everywhere(^^)/

A to Z社のキャンピングカー『アミティ』の購入をきっかけに始めたYahoo!ブログの閉鎖に伴い、はてなに引っ越してきました。我が家のお出かけを中心に徒然と記事を書いています。我が家は私・かみさん・小僧という家族構成です。それぞれの趣味趣向が表れると思いますが、主に私・かみさん:キャンプ・スキー・山登り・自転車・旅行 私のみ:マラソン 小僧:鉄道 という方向性になっております。お付き合いいただければ幸いです。 ブログ名にあるように、静岡在住です。

アジサイを見に鎌倉へ ~江ノ電乗車~

昨日は、朝の通勤時間帯こそものすごい雨でしたが、その後はほぼほぼ雨は降らずでした。ただ、ここ何回かの雨ですっかり蒸し暑くなり、いつもの夏がやってきたなと感じています。

この鎌倉に行ったときは、それでもキャンピングカーで寝るのがそれほど苦ではありませんでしたが、これからしばらくは、平地では寝るのがかなり大変になりそうです。

今日の静岡は夕方から雨ということで、一昨日ジョグで帰って来た時に置いてきた自転車回収のため、今朝は通勤ランの予定ですが、早めに仕事を終えられるようにしないと降られてしまいそうです。なるべく天気が後ろにずれてくれることを祈ります(´▽`)

さて、鎌倉の旅ですが、江ノ電に乗って藤沢から鎌倉へ。小僧にとっては初の江ノ電乗車です。小田急には何回か乗っているのに、初めてというのは自分たちも意外でしたが、なんとなく鎌倉方面に行く機会がなかったのでしょうね。

江ノ電は、距離約10km、駅数15駅と、地元の静岡鉄道と数字の上ではほとんど変わりませんが、静岡と清水をほぼまっすぐに結び、市街地を走る静鉄と違って、江ノ電は鎌倉と藤沢の間にある台地をぐるっと回り、市街地から海沿い、さらに一部区間では路面電車になるなど、バラエティに富んだ車窓風景が楽しめます。そこが一番の魅力で人気路線になる秘訣なんでしょうね。

静鉄も、南に線路を伸ばして、日本平をぐるっと回りながら久能街道を走れば、いいロケーションになるのですが。で、今ある線路とつなげて、環状線になればなーなどと夢想してみますが、採算はあまりとれないでしょうね。

あ、でも、駿河区役所を通り、地球環境史ミュージアム静岡大学を通り、いちご街道を走りながら久能山東照宮に寄り、エスパルスのスタジアムの近くを通り、三保半島の付け根を通り、清水港に至る・・・。なかなか魅力的です。

などと妄想鉄道化していたら、瞬く間に時間が過ぎてしまいました。あとは写真中心で。
イメージ 1
江ノ電は単線です】

イメージ 2
【すれ違い駅で、ご尊顔を拝見】

イメージ 3
【すれ違いの車両がやって来ました】

イメージ 4
【Rのきついカーブも多いです】

イメージ 5
【市街地を縫うように走ります】

イメージ 6
江ノ島駅にはお客さんがたくさん】

イメージ 7
【有名な江ノ電もなかのお店です】

イメージ 8
【腰越の路面電車区間

イメージ 9
【海沿いに出たらランナーがいました】

イメージ 10
鎌倉高校前駅は中国の方に大人気だそうですね】

イメージ 11
【古い車両を見て小僧が興奮していました】

イメージ 12
【トンネルのこの風景が好きです】

イメージ 13
長谷駅にも多数のお客さん】

イメージ 14
鎌倉駅に着いたら、E257系が駐留していました】

急ぎ足でした。続きはまた明日です。