From Shizuoka to everywhere(^^)/

A to Z社のキャンピングカー『アミティ』の購入をきっかけに始めたYahoo!ブログの閉鎖に伴い、はてなに引っ越してきました。我が家のお出かけを中心に徒然と記事を書いています。我が家は私・かみさん・小僧という家族構成です。それぞれの趣味趣向が表れると思いますが、主に私・かみさん:キャンプ・スキー・山登り・自転車・旅行 私のみ:マラソン 小僧:鉄道 という方向性になっております。お付き合いいただければ幸いです。 ブログ名にあるように、静岡在住です。

静岡の自慢を探そう ~道の駅に到着~

今日はほとんど1日家で引きこもり。ネットばかり見ていました。その横ではかみさんが24時間テレビを見ながらゴロゴロと。

番組内では高橋尚子さんがチャリティーランを行っていましたが、走った距離の分だけ募金をするということで、かみさんも「よくわからない」と言い、Twitterにも「別に走らないで募金だけすればいいじゃない」という意見が散見されましたが、これ、実際に長年行われているロンドンでは、ちょっと意味合いが違うそうです。

といっても、私もTwitterに上げられている一例しか見ていないので、確かな情報ではないかもしれませんが、まあ一応納得できる内容でしたので。

このチャリティーランが40年近く行われているロンドンマラソンでは、「チャリティー枠」という参加枠があり、それは全体の3分の1を占めるほどだそうです。この枠で参加する参加者は、様々な機会を通じて寄付を募り、多くの人たちから支援を受けるという形で大会に参加するのだそうです。

「私は、この団体に寄付をしたい。でも、何もしないままただお金をくださいというわけにはいかないから、がんばってマラソンを完走します。その努力に対して、ぜひ寄付をしてください。みなさんにいただいたお金をまとめて、この団体に寄付します」

といった形のようです。

詳しくはこちら。

business.nikkei.com

www.news-digest.co.uk

今回は高橋尚子さんが、自分とチームQが走った距離に応じて、自分が寄付するということにしてしまったので、本来の意味がうまく伝わらなかったのだと思います。『高橋尚子さんが走る姿に感動なり共感なり、何か感じるものがあるのなら、あらかじめその気持ちをお金に換えて募金してください』というのが本来の主旨なのかなと。まあ高橋さんほどのランナーとなれば『みなさんが募金してくださったお金〇円につき〇km走ります!』という方が、むしろ分かりやすいかもしれませんが、これだとどれだけ走ることになるのか全く予想がつかないだけに、やりにくそうです。恐らく、どんな形なら無理なく行うことができるだろうかと考えた末、今回のような形になったのではないかと思います。

さて、私たちはいくら暑い中歩いてもさっぱり募金にはつながりませんが、蔦の細道はいよいよ終盤へとなりました。少しずつ民家が出てきて、ゴールが近いことを感じながら歩きます。

f:id:totsuspo:20200812120209j:plain

【堰堤も登録有形文化財になるんですね】

f:id:totsuspo:20200812120252j:plain

【堰堤についての説明書き】

f:id:totsuspo:20200812120236j:plain

【こちらが第二堰堤です】

f:id:totsuspo:20200812120418j:plain

【休憩所が設置されていました】

f:id:totsuspo:20200812120510j:plain

【いろいろなところで水害は起きているんですね】

f:id:totsuspo:20200812120603j:plain

【養蜂が行われていました】

f:id:totsuspo:20200812120653j:plain

【養蜂のお宅のすぐ下に見えた道標】

f:id:totsuspo:20200812120709j:plain

旧東海道とありますね】

f:id:totsuspo:20200812120722j:plain

【歴史がありますなぁ】

f:id:totsuspo:20200812121102j:plain

【下りきったところに坂下堂がありました】

f:id:totsuspo:20200812121251j:plain

【こちらは西口ですね】

f:id:totsuspo:20200812121300j:plain

【道路にこんな表示がありました】

f:id:totsuspo:20200812121350j:plain

【バイパスをくぐって道の駅を目指します】

f:id:totsuspo:20200812121548j:plain

【道の駅に到着しました】

こちらの道の駅、スタートした道の駅とは峠を挟んで反対側にありますが、同じ『道の駅宇津ノ谷』になります。ここは全国にある道の駅でも珍しく、間に峠やらトンネルやらを挟んだ道の駅なのです。

こちらに向かう途中、ふと思いついてバスの時刻を調べてみたのですがぎりぎり間に合わず。次のバスまでは30分ほど待つのですが、峠を再び歩いて越えるのは無理だろうということで、道の駅でしばらく過ごしながら休憩することにしました。コンパクトですが、なかなかいい道の駅でした。

続きはまた明日です。