From Shizuoka to everywhere(^^)/

A to Z社のキャンピングカー『アミティ』の購入をきっかけに始めたYahoo!ブログの閉鎖に伴い、はてなに引っ越してきました。我が家のお出かけを中心に徒然と記事を書いています。我が家は私・かみさん・小僧という家族構成です。それぞれの趣味趣向が表れると思いますが、主に私・かみさん:キャンプ・スキー・山登り・自転車・旅行 私のみ:マラソン 小僧:鉄道 という方向性になっております。お付き合いいただければ幸いです。 ブログ名にあるように、静岡在住です。

筋肉痛になりましたw

今日も沼・・・かと思いましたが、小僧の友達のおうちが午後からお出かけということで、結局11時半ごろから2時間ほどホビースクエアで遊ぶにとどまりました。

それで途中で気がついたら、なぜか左の薬指が血まみれに。どうやら、走ってくるミニ四駆素手で止めた時に、はみ出ていたネジの先が当たって切ってしまったようです。

【三角形に切れてます 見にくいですが右側にもうっすら同じ傷があり】

ミニ四駆、けっこうなスピードで走ってくるので、こういうことが起きるんですね。専用のキャッチャーがあるんですが、それもうなずけるアクシデントでしたw

さて、帰ってきたら、昨日の疲れと筋肉痛がどっとやってきてしまい、眠気もあって、夕方3時間ほど気を失ってましたw

予想はしてましたが、普段の使い方と全く違う身体の使い方をすると、疲労も筋肉痛もかなり堪えますね。特に、バットでボールを打つのって、握力も使いますし、ボールが当たった時の衝撃がまた普段経験することがないものなので、手の平の痛みがなかなかです。腕も左右ともに軽く筋肉痛ですが、手の平の方がつらいですね💦

あとは、打つ時に踏ん張るので、ももの内側が筋肉痛です。ここ、走る時にはあんまり使わないんですねぇ。それから背筋と腹筋も筋肉痛。野球ってのはこういう筋肉を使うんだなというのが分かりましたw

喉の調子は相変わらずで時々咳が出るんですが、腹筋に来るんですよねぇ・・・。あと、箸でちょっと固めの物を切ろうと、グッと握るとそれもなかなかつらい💦

明日にはマシになってるといいんですけど。

その後、目を覚ましたのは夕飯時でして、録画在庫を消費しようということで「どうする家康」を第1回・2回と連続して見たりしていたのですが、こんな番組も録画されてまして。

【あれ、シンさん・・・?w】

今人気沸騰のキャンピングカーに乗って、有名人が1人旅!観光地だけにとどまらない地方の魅力を見つけにフラッと車を走らせます。まずは九州を一周!大分を皮切りに、金子貴俊さんが、マスコット犬のマメちゃんとキャンピングカーで“チルい“旅に出発します!

BSJapanext (263ch)って存在を初めて知ったわけですが、番組表を見るとそこかしこに『ジャパネットたかた テレビショッピング』が。これはもしかして・・・と思ったら、やはりジャパネットたかたによるBS放送局のようです。ジャパネットブロードキャスティングという会社名で、

2019年9月総務省公募の「BS新規放送チャンネル」の申請認定を受け、開局に向けてBS放送番組の企画立案や番組制作を専門とした会社を設立しました。
世の中に埋もれた素晴らしい商品・サービス・情報・エンターテインメント・考え方を選び抜いて紹介し、あらゆる素晴らしいものを「つなぎ」、生活の変化を通して「ワクワク」を広げていくチャンネルになることを目指しています。

とのことだそうです。

今年から始まった番組なので、しばらく定期的に録画してみようと思います。しばらくは大分県を舞台に動いて回るとのこと。先ほどからはずっと、宇佐の辺りでひたすら唐揚げを求めて回っていますw いいですねぇ、唐揚げ。ご飯にもあうしビールにもあうし。1週間くらい休みが取れれば行けそうですけど、今年の夏は去年行けなかった北海道のリベンジをしたいところですから、もう少し先になるかなぁ。

というわけで今日はなんとなく徒然なるブログでした。

時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~最後の最後にアクシデント💦~

新年あけましておめでとうございます。

今年も我が家の備忘録を兼ねながら、お出かけの様子を紹介していこうと思います。ネタの旬はどこ?って言いたくなるくらい、遅ればせながらの情報が多いですが、のんびりお付き合いいただけたらと思います。

本年もよろしくおねがいします。

元日の今日は、例年通りのタスク。初日の出からの元日マラソンに行ってきました。

初日の出は、ここ数年定番となっている市内の中島海岸から。ここはサッカー場やテニスコートが海沿いにあって、多くの車を停めることができるので、初日の出にはもってこいなんですが、最近有名になったのか、以前は空いているところもあった駐車場が今日あたりはほぼ満車。メインの駐車場のちょっと奥に置けるところがあったのでなんとか駐車することができましたが、来年あたりは路駐しなければならなくなるかも。

海岸に向かう途中、太陽が出る方角に雲が見えたので嫌な予感がしたのですが、幸いにして雲は水平線からは離れたところにあり、伊豆半島と雲の間から初日の出をじっくり眺めることができました。

【このあと雲に隠れて、セカンド日の出も楽しめたようです】

いったん帰宅後、かみさんと小僧は寝不足もあって休憩したいというので、私だけアミティに乗り換えて元日マラソンの会場へ。

走る前の準備、走ったあとの着替えなどを、暖かな車内でのびのびとできるのは、キャンピングカーのありがたいところですね。FFヒーターをしっかり効かせてぬくぬくと準備をし、走り終わったあとは、一緒に参加した高校の後輩と車内で1時間ほど語り合い、互いに帰宅となりました。

【スタート直後の様子】

さて、元日ではありますが、時之栖でのキャンプ報告がまだ済んでませんでしたので、年の初めからこちらのネタは最終回となります。元日ですが通常営業ってことでw

唐突に始まった木像のコーナー。作者の前島さんの略歴などが壁に貼られていました。

【98年、ここ時之栖に美術館が開館しているんですね】

なぜここに・・・と思っていましたが、上記の略歴を見てなるほどと。どんな縁があってのことかはさすがにわかりませんが。

ちなみに、工房を構えてらっしゃるところは、私の母校の小学校の近くということもわかりました。こうなると俄然興味が湧いてくるぞw

【生家は今でも健在ですね。高校のすぐ近くにあります】

【これは小学校の時の作品らしい】

部屋を抜けると、大きなホールになりました。

大木と水槽と壁の本棚という造り。照明も相まって、とても落ち着く空間になっていました。

【木の一つ一つも作品だそうです】

【中央にはクラゲの水槽】

【ついつい見てしまいます】

【なんとも不思議な空間?】

【こちらもすごかったですよ】

【人が普通に通れるような空間になっています】

【生命のたくましさを感じます】

【壁には本棚が何箇所か設置されていました】

【余裕があったら、片っ端から手を伸ばしたいものばかりでした】

【ホールを抜けるとカフェのような空間】

【その先には再び金魚】

ここを抜けたら金魚水族館を一周回ったことになりました。どんなもんだろうと思ってましたが、お値段以上の内容だったなぁと。時間があれば、ここだけで何時間か過ごせてしまいそうです。

とはいえ、この日はそんな余裕もないのでそろそろ帰路につかねばなりません。で、その前に当然ビールを購入しましょうと。

【迷った挙げ句、全種類購入しました】

こうして全日程を終了。かみさんの友達一家とお別れして、時之栖の敷地から出ようとしたところで、最後の最後にアクシデントが起こりました。

道路の左側にちょっと寄りすぎたかなとは思ったのですが、そう思ったのが早いか遅いかといったところで、車体のどこかに何かが激突したような「ドゴーン!」という音が。

結果、以下の写真のように(T_T)

【道端の木の張り出しを当ててしまいました】

とりあえず自宅まで一旦帰ってかみさんと小僧をおろしたあと、その足でCheered RVさんへ。事前に連絡だけはしてあったので、そのまま入院となりました。

その後の展開は早く、ワクチン接種の副反応がひどくなる前にアミティを取りに行ったのは既にお知らせしたとおりです。おかげで今日の元日マラソンにもアミティで行くことができました。

そういえば、きれいになってからの写真を撮ってませんでした。また紹介したいと思います。

こうして、最後にアクシデントには見舞われましたが、キャンプ自体は色々な発見もあっていい時間を過ごすことができました。次に行くときは頭上に気をつけて、また行ってもいいなあと思います。

というわけで、御殿場時之栖キャンプ報告は以上です。明日からは和歌山へのお出かけ報告です。



時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~日本最大級の金魚水族館です~

ただいま、実家で紅白を見ています。今年も残り2時間を切りましたねぇ。

実は数日前、こういう実家に来たときとか、アミティの中で使える端末がほしいなぁと思って、Lenovoのクロームブックを購入しまして。

ロームブックって、小僧が学校で与えられて使ってるんですけど、調べてみると、PCとタブレットスマホのあいの子みたいな感じなんですね。いろんな作業的な面ではPCの方に軍配が上がりますが、web閲覧くらいならこれで十分といった感じ。

これまで、外に出たらスマホでどうにかするしかなかったんですが、キーボードはどうにかなるにしても、画面の小ささはどうにもなりませんでした。操作性はかなり犠牲にせざるを得なかったんですよね。

しかし、今回購入したLenovoのクロームブックは、そのあたりを上手くカバーしてくれる感じがします。画面の大きさは10.1インチ。かみさんのiPadとほぼ一緒です。画面は最大1920✕1200のWUXGAと詳細で、画面もなかなかきれいです。そこに800万画素のカメラと取り外しのできるキーボードがついて、直販サイトで29800円なんです。

画像は自宅で先にアップしてから来ましたが、これと楽天Wi-Fiでかなりストレスなく使えています。

もうしばらく使い倒したら、どこかで(ネタが無くなったときに)レポしましょう。

さて、時之栖のレポの続きと参りましょう。

お風呂、朝食、撤収と進んで、次のスポットへと移動しました。

【光のトンネルは何度目かなぁ】

【こちらが次なる目的地です】

というわけで、やってきたのは金魚水族館。言われてみれば確かに、金魚だけに絞った施設って意外とないかも。

【小僧がやりたそうな目をしていましたが、「世話しろよ」で抑止w】

大人1100円、子供550円を支払って入場。

いきなり出迎えられるのが、巨大輪島塗の中の金魚。

【どうやって水換えをするんでしょう】

【もう、既にミニニシキゴイですね】
【あー、ここにも沼がありますねぇw】

【なんか覗き込んでるなと思ったら】

【3匹と目があったらしくw】

【入場してすぐがこんなホールでした】

【これはもう、フナかコイみたいですよ】

【出目金ですが、ただの出目金ではないですな】

【こちらの楽しさはぜひ動画で】

youtu.be

【ニワトリのようでもあります】

ランチュウでいいのかな?】

【これはまたいろんな要素が詰まってますねw】

【きれいな水槽ですねー】

【これは初めて見ましたよ】
【お茶目というか、ホント可愛らしい】

【また別の部屋へ】

【こちらには金魚ではない小さな魚もたくさんいらっしゃるようで】

【と思ったら、急に趣が変わりました】

【なんか、文句あんのかコラ 的な】

最後から2枚め、突然木の作品が沢山立ち並ぶ部屋になりまして、こりゃなんだと思っていたら、なんと静岡市出身の彫刻家で高校の大先輩にも当たる、前島秀章さんの作品が所狭しと並んでいたのでした。

金魚も見とれてしまいましたが、木像にも見とれてしまう時間になりました。

といったところで、2022年最後の更新はおしまいとなります。今年も、内容は大したことありませんが、毎日続けるというところに価値をおいて1年間続けてくることができました。これも、見に来て下さる方々のおかげです。始めた頃は大したアクセスもありませんでしたが、少しずつ増えていくアクセス数に元気づけられて続けております。

2023年、皆様にとって良き年になりますように。それでは良いお年を!

続きはまた明日ですw

時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~朝風呂と朝食を済ませましょう~

今日はかみさんの実家で忘年会とやらで。

で、本日も順調に2L近いビールを消費したかみさんが、実家のリビングで丸太のように寝てしまい、万事休すw

なんとか起こして先ほどようやく帰宅しました。

というわけで、現在鋭意更新中ですが、とりあえず今日のうちにちょっとはアップしておきます。日をまたいでの更新ですが、まぁ仕方ありません💦

さて、2日目の朝は朝風呂から・・・ということで、前日にもらった証明書を持って、天然温泉気楽坊へと向かいました。

【グランピングサイトを抜け】

【最近はやりのふわふわはつぶれてましたね・・・】

【イルミネーションの通路を抜け】

【途中寄ったトイレ、きれいですよ】

【左側に鳥居がありまして、小さなお社があるみたい】

【紅葉が一部残っていました】

【敷地内の小さな渓谷】

【こちらはいい感じの紅葉あり。奥の建物から温泉につながってます】

キャンプサイトからは歩いて600mちょい。10分ほどの距離なんですが・・・気楽坊に行ってみると、どこにも受付らしいところはなく、そのまま脱衣所まで素通りしてしまいました。

うん、そのまま別にお風呂に入っちゃってもよかったんですけどね。誰にも何も言われてないし、見とがめられるようなこともなかったし。

でもまぁ、根が正直者で小心者ですから、なんとなく「ラッキー♪」ともできず、しばし考え込んでいたら、持っていた証明書に大事なことは書かれてました。

【一番下に大事なことが書かれてました】

昨日の夜利用してなかったので、その場合はブルーベリーロッジのフロントでチケットを購入せよと。あぁ~、めんどくせー。

【来るのに通ったのが赤で、ブルーベリーロッジへは青のルート】

ちなみに、右上の648mは赤ルートの距離です。青ルートも500mくらいはあるのかな。往復1kmか・・・。

仕方ないので、てくてく歩いてチケットを購入し、ようやくお風呂に入ることができました。お風呂に入るまで、合計1マイルは歩きましたなぁ。チケット購入の時間を入れるとざっと30分ってところでしょうか。なかなか遠いお風呂でした。

【こちらまで戻ってきました】

苦労した甲斐があってか、お風呂はとても気持ちよく入れました。前の晩の焚き火のにおいもありますし、多少なりとも寝汗もかいてますからね。ついでに、サウナなんかも入ってみたりして。小僧が最近興味を持ってるんですよ。

時間が遅かったせいで朝風呂を使っている人もそれほど多くなく、コロナに気を使う必要もあまりなかったのが良かったですね。

【お風呂から出てきたら清掃中になっていました】

風呂から出た後に移動した待合所には漫画がたくさんありまして、小僧とゴロゴロして漫画を読みながら女性陣を待ちました。

その後は朝食調達。

【光のトンネルに、日が差し込んでこれがまた美しく】
【お店ゾーンは、まだ開いているお店は少なかったです】

こちらのパン屋さんで朝食用のパンを購入しました。

その後は再び夜のイルミネーションの通路を通ってキャンプ場へ。

【帰りも光のトンネルを通過します】

【これだったんですね。大人1500円かぁ】

【富士山、おはようございます】

【愛の鐘というそうで、毎日お昼に鳴らされているとか】

こうしてサイトに戻ってきたのは10時過ぎ。ところで、チェックアウトは11時なんですよね。おいおいと思いましたが、仕方なし。パンを食べながらの撤収作業となりました。

いつもの装備なら1時間かからずに撤収できてしまうんですが、今回は新たに購入したストーブを持って行ったので、ちょっとその処理などに手間取りまして、11時を10分ほどオーバーしてしまいました。特に何を言われたわけではないんですが、やっぱり時間は守らないとダメですね。次回への戒めとしておきたいと思います。

まぁ、初めての所って時間の感覚がつかみにくいなってところもありますけどね。移動に思いのほか時間をとられてしまいました。

【撤収後、みんなで記念写真】

撤収後ですが、子供たちが行きたいところがあるということで、キャンプ場からほど近いところにあるこちらの建物の前の駐車場に車を移動して、目的の場所へと行くことにしました。時之栖の敷地内にそれはあるんです。

【こちらの体育館の隣の駐車場に車を置きました】

むかったのは日本最大級の〇〇水族館だそうです。なるほど、ありそうでなかったなぁと思いました。奈良県にはないのかしら。産地としては奈良が有名なはずなんですよね。

といったところで、続きはまた明日です。

時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~圧巻!光のトンネル~

本日から休みに入りましてね。

で、世の中的には今日までお仕事という方が多いだろうということで、小僧が「行ってみたい」と言っていたタミヤサーキットに、午後からちょこっと出かけてきました。そうしたら、案の定空いてまして。

タミヤサーキットは次のように時間ごとにクラス分けされています。

【半分は中上級者の時間】

この区分だと、小僧と一緒に連れてった友達はもちろん小中学生。私は初心者ということになるのですが、毎時10~20分の初心者(大人)タイムに走らせてるのなんて、私だけですよw

はい、あのタミヤサーキットを貸し切り状態ですw 小僧たちの時間も、3台しか走ってませんでしたし、うち2台は我々ですからね。

で、こういう日に来ている方たちはほぼマニアの方たちでして、中上級者タイムは7~8台が走っているという状況。走らせられる時間は短いですが、存分に楽しむことができました。

こうしてただいま、ズブズブと沼にはまりつつありましてね。気づいたらこれですよ。

【あれー('◇')ゞ】

ね、沼って怖いですね。

ちなみにこれは、放電作業をしているところです。ニカド電池は継ぎ足し充電はご法度なんですよね。子供の頃はそれが分かっておらず、電池寿命を自ら縮めてしまっていたことが今になってよく分かりました💦

で、沼ってあんまり世の奥様には理解してもらいにくいものじゃないですか。うちはそれでも理解がある方だと思いますが、さすがに家のそこかしこにRC関連のものが散らばっていると「邪魔なんだけど」と怒られましてね。沼ついでに、こんな風にしてみました。

【置き場所に困ったらぶら下げるのが一番です】

ついでに、かみさんがキッチン棚に欲しいと言っていた棚も作って、家内安全の推進に勤めましたw

って、これでひとネタ終わっちゃいそうですが、今日はイルミネーションの続きを紹介するんです。忘れるところでした💦

時之栖のイルミネーション、そのハイライトは『光のトンネル』になるでしょう。全長300mのトンネルはその全面がイルミネーションで飾られていて圧巻でした。

【小僧たちを座らせて写真を撮ればよかったw】

【ここから始まります】
【寒色、暖色、あれこれと色が変わります】

【あれ、なんかちょっとかっこいいw】

【こんな風に色が変わります】

【それにしても、すげーw】

ヴェルサイユ宮殿みたい←新婚旅行で行ったんですよ】

【途中にはツリーが飾られていました】

【ふぉぉおおっ←なでしこちゃん というかリンちゃんか】

【こんな光の演出も】

【クリスマスカラーですね】

【このあたりも宮殿カラーですね】

【いやっ!負けじと輝いてますわ!黄金に!】

【とん汁。この時期に絶対うまいやつですな】

【ゴールが近づいてきました】

【振り返ると、宮殿感が半端ない】

【そんな中に、突如挿入される木曽馬w】

【お店の広場の方に出ました】

【ここもすごい】

【明るさも半端ないです】

【このあたりは落ち着いていてよかったですね】

【大人な雰囲気】

キャンプサイトに戻ってきました】

というわけで、後半は駆け足でお送りしましたw

あと、動画にも撮ってきたのでアップしておきます。よかったらご覧ください。

続きはまた明日です。

時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~2つのキラキラ~

バタバタと忙しい年末です。気づいたら、今日を入れても今年はあと4日しかないんですね。そんな中、本日も仕事にいそしんでまいりましたが、今日の取り組みで、どうにか年を越せるめどが立ちました\(^o^)/

いやいや、ホント今朝の時点では、今年が年が越せないかもしれないと思ってましたから。何とかなりそうでホッとしました。

そして、このホッとしたで気を付けなければいけないのが体調です。緊張が続いたあと、気持ちがフッと抜けた時に風邪をひくのがよくあるパターンでして。でもここで風邪をひくと年末年始が台無しになってしまうので、もうしばらく緊張感を持っていきたいと思います。明日は今日の仕事の見直しでもしようかなぁ。どこかに間違いがあるかもしれないし。でも、間違いが見つかったらそれはそれで面倒・・・💦

適度な緊張感を保ついい方法ってありますかねぇw

さて、キャンプ報告は季節外れの花火から。

なぜ12月に花火・・・?

いや、キャンプに花火はつきものでしょと言えないことも無いのですが、別の事情がありまして。

今回一緒にキャンプをしたかみさんの友人は、横浜に住んでいます。何度か遊びに行ったことがありますが、お宅の辺りは家がぎゅうぎゅうと立ち並んでいる感じで、お庭のある家というのもそれほどありませんし、隣の家との距離も非常に近い。

みなとみらいまで自転車で行ける距離ですから、そんな住環境も仕方ないのですが、そうしたところだと、静岡の我が家のように駐車場で花火をやって煙がもうもうとするなんていう状況になるのははばかられるらしく、なんと娘ちゃん(小3)は生まれてこの方花火をやったことがないということが直前になって分かりまして。じゃあ、せっかくの機会だから、初花火をやってみようじゃないかってなったわけです。

【少々風があったので、ろうそくではなくガスバーナーで着火】

【火はシェアしてくんだよ】

冬の花火もいいものです】

【この煙がねぇ 近所迷惑になっちゃうんですね】

【パパも参戦】

【あっという間に終わらせてしまいましたw】

初めての花火でしたが、楽しめたようです。これはこれで今後の定番になりそうw

さて、花火を終えたら、もう一つキラキラしたものを見に行きましょう。

【林檎の湯】

あ、これはキラキラしてるわけじゃないですね。ちょうどスタート地点にあったので。ちなみにこちらは、かみさんの友達が泊まっているスローハウスヴィラという宿泊施設と、もうひとつブルーベリーロッジという宿泊施設の宿泊者専用のお風呂です。

さて、そのスローハウスヴィラの建物の一つ一つにイルミネーションが施されておりまして、それらを眺めながら進んでいきます。

【かわいい建物が並んでいます】

【どこかの村って雰囲気で】

【奥の上の広場が噴水の広場です】

【ちょっとした紅葉】

【坂の上の噴水広場に至る通路もきれいなイルミネーション】

【受付周辺もきれいです】

【こちらは噴水のチケット売り場】

【ただで見ちゃいましたなぁw】

さて、スローハウスヴィラを抜けたらイルミネーションフォレストという通路にさしかかりました。

【森のイメージですね】

【写真を撮る人の写真を撮る、とw】

【ツリーが並んでいます】

同級生2人】

【それぞれ色とりどりですね】

葉っぱのようになっているのは、七夕のように願い事を書いたもの。神社の絵馬とかもそうですけど、ついつい見ちゃいますよね。

【1枚1枚の思いを考えると、微笑ましくなったりw】
【さぁ、実はまだ序の口なんですよ】

【ここからがまたいいんですよ】

いくつあるのか数えきれないほどの明かりによる時之栖のイルミネーション。ジョルダンのイルミネーションランキングだと、堂々の全国第4位だそうです(/・ω・)/

明日はこの先をご覧いただきましょう。

時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE でキャンプ ~まずはキャンプ体験会~

先程までご近所さんと忘年会をやっておりまして。

私は仕事もあって、それが結局19時ごろまでかかり、それからの参戦でしたが、まぁよく飲みよく食べてしまいました。これで仕事を早く終えて最初から参戦だったら、もっと使い物にならなくなっていたなぁとw

その証拠に、かみさんはリビングの横で丸太のように転がっていびきをかいております。いかん。ああなってはいけません。せめて布団で寝なければ・・・。これなら駐車場にアミティを持ってきて、そこに押し込んじゃえばよかったなぁと思ったりw

今度はご近所さんの駐車場にアミティで乗り付けて、飲み終わったらそこで休んでしまえばいいのかもしれませんね。うん、一度やってみたいw

さて、そんなアミティですが、先日屋根を木にぶつけて破損してしまったのは既にお知らせしたとおり。

それでこの時は、かみさんの同級生家族と一緒にキャンプをしていたのも既報です。

というわけで、今日からしばらくはこのキャンプの報告とまいりましょう。

事の始まりは今年の夏休み。横浜に住むかみさんの同級生の所に泊まりで遊びに行ったときのこと。

この時に、BBQとかやったことないし、キャンプ行ってみたいんだよねという話になり、それなら一緒に行こうとなったのでした。

ただ、なかなか都合が合わず、ようやく12月ならOKと日程の調整がつきまして、急いでキャンプ場探し&予約。横浜と静岡の間ということでかみさんが選んだのが『時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE』。御殿場にある時之栖という施設の中にあるキャンプ場です。

こちらは元々スポーツの合宿などにも使われるところでして、その中のサッカー場1面をキャンプ場に用途変更したようです。足元は芝生で気持ちいいですが、車両の乗り入れは禁止。つまりオートキャンプではありません。ただ、芝生サイトのすぐ隣に駐車場がありますから、遠くても100m弱荷物を運べばOK。

また、場内には温泉施設や宿泊施設も充実しています。

そこで今回は、芝生サイトにスクリーンタープを張り、そこでたき火や食事を楽しむことにし、宿泊はそれぞれコテージとキャンピングカーに分かれて泊まることにしました。キャンプ気分を味わうにはこれで十分ですし、御殿場は普通に雪が降るところですから、最初から12月にテント泊というのはハードルが高すぎますし。

というわけで、以上があらまし。

あとは写真をつけておきましょう。

【富士山も冠雪が始まりましたね】

【それでも今よりはまだ薄いですねw】

トヨタのウーブン・シティもこの辺りで進められています】

【こちらへとチェックイン(写真は夜になって撮ったものです)】

【富士山が見えるサイトです】

さて、こちらのキャンプ場、隣には噴水がありまして、これがけっこう夜遅くまで何度も何度も噴水レーザーショーを繰り広げてくれます。調べてみたら、この日は17時から21時20分まで、合計14回とのことw

これ、基本的には有料プログラム(大人(中学生以上)1200円・小学生500円)なんですが、キャンプ場からは裏から丸見えなのでお得ですw ちなみに噴水のプログラムは、世界遺産ヴェルサイユ宮殿で行われているものを再現しているとのこと。

【いろいろな色が使われたり】

【最高到達点150m】
【様々な形や色で楽しませてもらえます】

【あー、個人的にはこちらも楽しみでw】

【我が家のサイトはこんな感じ】

【この日は焼き鳥のほかにソーセージも焼いてもらいました】

【焚き火の近くにいると寒くありません】

【同級生が中で語らってました】

【だんだん冷えてきたので、全員タープの中へw】
【マシュマロを焼いてみたかったそうです 満月ですね】

とこんな感じで過ごしておりました。続きはまた明日です。