From Shizuoka to everywhere(^^)/

A to Z社のキャンピングカー『アミティ』の購入をきっかけに始めたYahoo!ブログの閉鎖に伴い、はてなに引っ越してきました。我が家のお出かけを中心に徒然と記事を書いています。我が家は私・かみさん・小僧という家族構成です。それぞれの趣味趣向が表れると思いますが、主に私・かみさん:キャンプ・スキー・山登り・自転車・旅行 私のみ:マラソン 小僧:鉄道 という方向性になっております。お付き合いいただければ幸いです。 ブログ名にあるように、静岡在住です。

エンジン警告灯が点灯しましたが、とりあえず様子見とのことで。

いやいや、今日も暑かったです。最高気温は34.6℃。

f:id:totsuspo:20200808200501j:plain

【県内ではトップでしたね】

f:id:totsuspo:20200808200730j:plain

【14時の湿度は70%ですか】

34℃で70%となると、WBGTの値は33℃(気温とは異なります)になります。WBGTの値は31℃を超えると《危険》に突入なので、今日はかなりやばかったですね。

今日はそんな中、だいぶ伸びてきた髪を切りに行きつけの床屋へ行きましたが、その前にちょっと気になることが。1カ月前にアミティを車検に出したばかりなのですが、先週ちょっと動かしたときに、インパネにあるエンジン警告灯が点灯していることに気付きました。

f:id:totsuspo:20200808233609j:plain

【ボケちゃいましたが・・・】

いつもはエンジンがかかると同時に消えるので、おかしいなと思い調べてみると、

f:id:totsuspo:20200808233643j:plain

【エンジン制御システムに異常だと・・・】

とのこと。この夏はアミティでの出撃予定はまだ立ててないのですが、このあとお盆シーズンに入って工場などもお休みに入ることでしょうし、一応念のためと思っていつもお世話になっている自動車工場に電話してみました。すると、

「明日っからお休みに入っちゃうもんで、もし来られたら、今から来てください」

と言ってくださったので、床屋に行く前にアミティで自動車工場へ。

「忙しいところ、すいません」

と社長に挨拶すると、どうやら既に症状の予想はついていたようで、挨拶もそこそこになにやら小さな計測器のようなものを持ち出し、運転席の足下にケーブルを差し込んでいました。そしてチャカチャカっと操作をすると、あっけなく警告灯は消灯。概要を教えてもらいました。

  • 今回はO2センサーの異常
  • とりあえずリセットしたので警告灯は消えてる
  • また点灯するようならセンサー交換
  • 交換すると取り寄せで2万くらいかかっちゃう
  • センサーで計ってガソリンの量を調節してるので、ひょっとしたら燃費が悪くなるかも
  • とりあえずしばらくこのまま乗ってみて、様子を見てください

とのことでした。というわけで、しばらくは近場を回りながら様子を見ようと思いますw。

オオムラサキセンターの続きはまた明日です。明日と明後日はちょっとグロいかもw

花と虫とのプチキャラバン ~北杜市オオムラサキセンターに到着~

いやいや、今日は暑かったです。朝夕はそれでもなんとかいけそうだったので通勤ランでしたが、汗が半端なかった。片道1本ずつペットボトルを消費(朝:麦茶550ml 夕:ポカリスエット500ml)しました。

f:id:totsuspo:20200807234809j:plain

【一時、37度を超えたそうですが・・・】

上の図を見ると、朝は27~8℃で80%前後。夕は31~2℃で75%といったところ。WBGT値を表で見てみると、朝は警戒と厳重警戒の境のあたり、夕は厳重警戒と危険の境のあたりでした。確かに、朝は職場に到着した時にまだ麦茶が5分の1ほど残っていましたが、夕方は家まで持ちませんでした。夕方の方が消費が激しかったですね。

ちなみに、上のグラフだとそこまで上がったというのが信じられませんが、13時過ぎに全国1位の気温を記録したそうで。

f:id:totsuspo:20200807234933j:plain

【一瞬の出来事だったのかな?】

今日は南西の風が吹いていたので、焼津市静岡市の境にある高草山を風が上り下りをする状況になります。するとフェーン現象が起きて・・・というのは、最近は天気情報でも扱われ、地元でも知る人が多くなってきているとは思いますが、まさにその絶好のコンディションw

さすがに今の時点では30℃を下回っていますが、ますます走るのなら早朝しかなくなってきました。来週人間ドックがあるので、できれば少しでも走っておきたいものですw

さて、かみさんがご所望のビールをたんまりと買い込んだら、ようやく北杜市オオムラサキセンターへ移動です。清里ラインから長澤小淵沢線へとそれ、北杜八ヶ岳公園線へ。途中で長坂IC方面へとそれて、住宅街から山あいの道をナビに従って走っていくと、七里岩ラインという道に合流します。その道がJR中央東線の線路に沿うようになるあたりにオオムラサキセンターがありました。

駐車場に入ると、そこそこの混み具合。指定されたところに駐車して、建物へと向かいました。

f:id:totsuspo:20200725121844j:plain

【こちらが入り口】

f:id:totsuspo:20200725122324j:plain

【エントランスホールはちょっと雑然】

f:id:totsuspo:20200725122419j:plain

【良心的なお値段です】

こちらに到着して写真を撮っていてようやく気付いたのですが、いつの間にかカメラのISO感度を200固定に設定してしまっていました。そのため、明るいところならよかったのですが、暗い館内ではなかなかうまく撮れず。しばらく、ピントが外れていたりブレていたりといった写真ばかりになってしまいました。

入ってみて思ったのは、こちらはオオムラサキセンターとは名ばかりの、総合昆虫博物館ではないかということでした。

f:id:totsuspo:20200725122615j:plain

【のっけからこんなのが飾られています】

f:id:totsuspo:20200725124337j:plain

【なるほどなるほど】

f:id:totsuspo:20200725124253j:plain

【静岡だとどこで見ることができるんだろう】

f:id:totsuspo:20200725124404j:plain

ベトナムにもいるとは】

f:id:totsuspo:20200725124432j:plain

【これ、誰が気付いたんですかね】

と、こんな感じで標本などが飾られていたり、

f:id:totsuspo:20200725122658j:plain

【説明の字が読めない人が多くいらっしゃるようですが・・・】

f:id:totsuspo:20200725122809j:plain

【久々に見ましたなぁ】

f:id:totsuspo:20200725122828j:plain

【あごが大きくてかっこいい】

こんなコーナーもあったりしました。

残念ながら、そこにいた子供がつかんで持ち上げようとしていたので
「持ち上げないでねって書いてあるよ」
と言ったら、
「でもさっき戦わせようとしてる子がいたよ」
とのたまうので、
「そっか、そこに書いてある日本語が分からない人がいるんだね。あなたも分からない?」
と、非常に大人げない対応をしてしまったのは内緒ですw

で、今日は遅くなってしまったので、続きはまた明日です。

花と虫とのプチキャラバン ~虫の前に用事をひとつ~

今日の静岡は最高気温33度で湿度は70%。いよいよ本格的に夏がやってきましたね。

f:id:totsuspo:20200806221753j:plain

【WBGT値は32℃で《危険》に突入】

明朝は通勤ランの予定ですが、気温は27℃台という予報。27℃台だと湿度が100%でもWBGT値は《危険》までは行かないので、なるべく早めに走り出して、余裕をもって仕事場に行くようにしたいと思います。

というわけで、今日もなるはやで就寝したいところw

久々のお出かけ2日目のレポとまいりましょう。

2日目の目覚めは雨の音でした。アミティのボディに、それなりの大きさの粒の雨がぶつかっているのが分かりました。

f:id:totsuspo:20200725085103j:plain

【朝は雨模様でした】

f:id:totsuspo:20200725102729j:plain

【道の駅の案内図】

この日は道の駅のパン屋さんで朝食を購入予定だったので、9時のオープンより早めに道の駅の玄関前へ。雨にもかかわらず、続々とお客さんが集まってきていましたが、2番目という好位置をゲットすることができました。

開店すると、1家族につきひとつ、買い物かごを持ってくださいとのこと。どうやら買い物かごの数で入場制限をしているようでしたが、買い物かごが出切ってしまうほどではなかったようです。さらに手指の消毒をしてから店内へ。こうした流れは、ずいぶん当たり前のこととして定着した感じがしますね。

道の駅の中は、パン屋さんのほか、地場野菜とお土産物のゾーンという感じになっています。ただ、見て回るのに夢中だったせいか、写真を全く撮っていませんでした💦

この日は朝食のパンのほか、実家へのおみやげも探して回っていたため、かなり時間をかけて店内をウロウロ。30分以上いたのではないでしょうか。おみやげにしたらどうかなと迷うものがいろいろあり、目移りしてしまったせいでもあります。

その後、アミティに戻って朝食のパンやヨーグルトを食べ、トイレを済ませ、10時半ごろになってようやく出発。

この日の最大の目的地は『北杜市オオムラサキセンター』でしたが、直接向かえば15km程の道のりを、かみさんのリクエストで20km近く遠回りして寄るところが。

とまあ、過去記事にも何度か登場している、萌木の村です。こちらにあるROCKというお店の中で売られている『八ヶ岳タッチダウンビール』がどうしても欲しいということで。前日の夜も、『山水樓 龍淵』さんでずいぶん飲んだはずなのですが。

到着してみると、ROCKさんは相変わらずの混みっぷり。

f:id:totsuspo:20200725112250j:plain

【11時半前なのに、既に行列】

f:id:totsuspo:20200725112300j:plain

【当然満席】

空いていたら、ここで早いお昼にしてもいいかなーとも思っていたのですが、早々にあきらめましたw。そんなわけでビールやらソーセージやらを物色。

f:id:totsuspo:20200725112753j:plain

【ビール各種】

f:id:totsuspo:20200725112138j:plain

【とりあえず全種類購入です】

f:id:totsuspo:20200725112801j:plain

【お肉もいろいろです】

f:id:totsuspo:20200725112133j:plain

【こちらは小僧が食べそうなオーソドックスなものをひとつだけ】

f:id:totsuspo:20200725112315j:plain

【おいしそうなこんなものも売っていました】

結局、かみさんはこちらで1万円ほど給付をしてきたようです。ご近所さんへのおみやげ込みとはいえ、すごいな。大丈夫でしょうか。給付金があっという間になくなってしまいそうな・・・。

こうして、年間恒例行事となっているROCK訪問を終え、次なる目的地はオオムラサキセンターです。続きはまた明日です。

花と虫とのプチキャラバン ~山水樓 龍淵のご紹介~

今日は暑かったですね。静岡は31℃だったようですが、感覚的には33℃くらいいってるんじゃないかと思われるほど。やはり日が出ると暑さが違います。

昨日、往復で16km走ったので、今日はランオフ。しかし、この暑さの中走ったらどうだったんでしょうね。しばらくこんな日が続くようなので、やっぱり早朝ランに移行していくしかないかもしれません。

もしくは高原に行くか・・・仕事に行けませんね。

さて、そんな高原に近い環境の道の駅こぶちさわ。夕食をいただいた中華のお店、『山水樓 龍淵』さんの紹介をしておきましょう。

まず注目すべきはビール。タッチダウンビールが飲めるとあっては、飲まないわけにはいきません。基本的な種類を各種取り揃えていましたが、こんなのがあったのでまずはこちらから。

f:id:totsuspo:20200724193219j:plain
f:id:totsuspo:20200724193227j:plain
【1杯目専用というコンセプトが憎い】

おつまみは以下になります。

f:id:totsuspo:20200724193555j:plain

【小僧チョイスのチャーシュー炒飯】

f:id:totsuspo:20200724193601j:plain

【エビとホタテの香味炒め】

f:id:totsuspo:20200724193605j:plain

【蟹肉とコーンクリームスープ】

f:id:totsuspo:20200724193615j:plain

甲州ワイン牛の黒胡椒炒め】

この他に餃子も頼んでいたのですが、なぜか撮り忘れ・・・。こちらの餃子、『八ヶ岳ぎょうざ』という名前で売り出されていて、ネットでの通信販売でも購入可能とのこと。

www.yatsugatakegyoza.sakura.ne.jp

しっかりした味付けとよい焼き加減で、とてもおいしくいただきました。

お風呂に入ってからお店に来たので元々入店した時刻が遅かったのですが、この日は私たちが最後の入店だったらしく、気が付いたらお店の中には私たちだけ。

私は下の写真と反対側の窓側を向いていたので、いつの間にかこんな状態になっていたのには全く気付いていませんでした。

f:id:totsuspo:20200724201835j:plain

【20時過ぎまでのんびりしていたら、私たちだけになっていましたw】

ホテルの朝食会場になっているということで、私たちのテーブル以外は既に明日の朝食の準備が始まっていました💦

そんな中、窓ガラスにとまっている蛾に興味津々で、眺めに行く小僧がひとり・・・。準備をしていたフロアスタッフのおばちゃんが声をかけてくれて、蛾の名前を教えてもらったり、長野・山梨では日常的に昆虫を食べているという話をしてくれたりと、いろいろおしゃべりをして、しばし長居をw

気さくに話しかけていただいて、ありがとうございました。

まだ閉店時刻には間がありましたが、おそらくこの日はもうお客さんは来ないだろうと見切りをつけたんでしょうね。我が家もあまり遅くならないようにと、支払いへ。

f:id:totsuspo:20200724202438j:plain

【こちらがエントランス】

f:id:totsuspo:20200724202611j:plain

【日比谷にあった頃の紹介】

久々に本格中華をいただきました。

さて、あとはメニューの紹介です。

f:id:totsuspo:20200724202706j:plain

【ランチメニューもあります】

 

f:id:totsuspo:20200805110637j:plain
f:id:totsuspo:20200805110840j:plain
f:id:totsuspo:20200805110846j:plain
f:id:totsuspo:20200805110854j:plain
f:id:totsuspo:20200805110900j:plain
f:id:totsuspo:20200805110907j:plain
f:id:totsuspo:20200805110915j:plain
f:id:totsuspo:20200805110921j:plain
f:id:totsuspo:20200805110930j:plain
f:id:totsuspo:20200805110936j:plain
f:id:totsuspo:20200805110944j:plain
【こちらはサイトからスクショ】

本格中華と会って、お値段は張りますが、今の私たちには『給付金』という味方がありますw

外食関係は少なからず打撃を受けていると思うので、外食を中心にお金を回していこうという予定ですから、こんな使い方もありかなと。

というわけで、とても満足度の高い夕食となりました。
 

花と虫とのプチキャラバン ~道の駅こぶちさわで車中泊~

今日は仕事を早めに終えて、遠回りをして帰宅。往復で16kmを稼ぎました。しかし、暑かった・・・。帰ってきてから汗が全くひきませんでした。そして、夕食時にも、とにかくひたすら水分、水分。

それもそのはずで、帰路についた17時が30℃で80%。帰宅時の18時が29℃で86%。暑さ指数は、『危険』一歩手前の『厳重警戒』の中で最高値になる数字でした。そのため、ペースはとてもじゃないけど上げられず、5分40秒をわずかに切るペースで淡々と走りました。

f:id:totsuspo:20200804225951j:plain

【なんにしても10km走り切っただけでもよしです】

曇っていたのでそれでも直射日光による暑さは避けられましたが、梅雨も明けてこれから猛暑日もやって来るでしょうから、その時には長く走りたくても我慢することが必要になりそうです。

しかし、さぞかし体重が減っているだろうと思いましたが、帰宅後にシャワーを浴びる時に計ったら、思ったほどの体重ではなく。昨日・一昨日の炭水化物が効いているものと思われます。夕飯は控えめにしましたが、明日はどうかな。

さて、車山を後にして到着したのは道の駅こぶちさわです。この日は、お風呂に入った後、かみさんが併設されているホテルの最上階にある中華料理のお店に行きたいとのことだったので、そちらにお邪魔することに。ただ、写真の数が中途半端なので、中華料理は明日に回すとして、今日は道の駅の様子をちょっとばかりご報告です。

最初に行ったお風呂はこちら。

f:id:totsuspo:20200724191143j:plain

【延命の湯です】

www.spatio.jp

入浴料は、市内と市外で異なり、市外からの私たちは、大人830円、小学生420円ですが、大人はJAFの割引が効いて100円引きになりました。

お風呂は内湯が1つと露天が2つ。それほど広くはありませんが狭くもなく、混みあってもいなかったため、ゆったりと身体を洗ってお風呂を楽しむことができました。

スキーシーズンだと、たまに雪見風呂ができるんですよね。そういえば、夏のこのシーズンに泊まるのは初めてかもしれません。

以前泊まった時の記事がありましたので貼っておきますw

 

totsuspo.hatenablog.com

 お風呂を楽しんだ後は、中華料理でしたが、このお店、何の予備知識もなく入ったら、実は東京の日比谷で大正11年に創業し、2001年に本店を閉店してこちらにお店を開いたのだそうです。

『山水樓 龍淵』というのがその名前ですが、本店は、日本での広東料理の草分け的存在として有名だったとか。

まだ日比谷で営業していた頃の記事が載っていたのでリンクを張っておきますが、そのうちリンク切れになってしまいそうなので、念のためスクショを撮っておきました。

news.nissyoku.co.jp

f:id:totsuspo:20200804232401j:plain

f:id:totsuspo:20200804232408j:plain

こちらの紹介は、前述の通り明日に回します。

お風呂と夕食を済ませたら、ホテルの売店に寄って売り物を物色。つまみになりそうなかまぼことビールを購入してアミティに戻りました。

f:id:totsuspo:20200724191140j:plain

【最上階がお店です】

この日はキャンピングカーがたくさん泊まっており、キャンピングカーショーじゃないかというくらい。特に、外国車がずらりと並んでいるのは壮観でした。オフ会でしょうか。

f:id:totsuspo:20200724203753j:plain

【キャブコンもバンコンもいます】

f:id:totsuspo:20200724203848j:plain

【これはまさに壮観】

f:id:totsuspo:20200724203921j:plain

【こちらはピザのお店。まだ営業中でした】

f:id:totsuspo:20200724205114j:plain

【車内で2次会】
f:id:totsuspo:20200724205418j:plain
f:id:totsuspo:20200724205410j:plain
【作っているのは富士桜高原麦酒でした】

こうして長い1日が終わっていきました。続きはまた明日です。

花と虫とのプチキャラバン ~車山肩は今が盛りでしたが・・・~

今日は通勤ラン・・・の予定でしたが、体調が今一つで断念。明日は走らねばといったところです。というのも、昨日、今日と夕食の炭水化物の割合が多くなってしまい、明らかにお腹がだぶついている感じ・・・。故障予防のためペースは抑え気味で走りつつも、距離的にはしっかり走りたいところです。

さて、車山スキー場から車山肩へは車で移動。到着してみるとかなりの混雑ぶりで、谷川の駐車場は有料となっていました。ただ、それほど長く駐車するわけではないので、混みあっている山側の駐車場へ。運よく1台車が出るところに行きあい、ちょっと高級っぽい車の間に緊張しながらアミティを駐車。車山肩のニッコウキスゲを眺めに行きました。

f:id:totsuspo:20200724144233j:plain

【よくぞ空いてくださった】

f:id:totsuspo:20200724144320j:plain

【びっしり詰まっていました】

f:id:totsuspo:20200724144418j:plain

【こちらも電柵の向こう側は花園】

f:id:totsuspo:20200724144551j:plain

【密度はここが一番でしたね】

f:id:totsuspo:20200724144706j:plain

【電柵の手前に咲く、けなげな1輪】

電柵沿いにずっと下ってみましたが、電柵が切れたところで内側に回り込めるようではなかったので、もう一度上り返しました。いつの間にか霧に包まれて不穏な雰囲気に。

f:id:totsuspo:20200724144933j:plain

【まさに霧ヶ峰

f:id:totsuspo:20200724145016j:plain

【霧の中に黄色い花が浮かびます】

f:id:totsuspo:20200724145343j:plain

【もう少しゆっくり楽しみたかったなー】

徐々に雨が強くなってきてしまったため、コロポックルヒュッテに行くことに。

以前はそれなりに名が知れているとはいえ、超有名というほどではなかったと思うのですが、ゆるキャン△効果なのでしょうか、今回は人でごった返していました。

f:id:totsuspo:20200724145610j:plain

【宿泊もしてみたいですが、しばらくは無理かな】

f:id:totsuspo:20200724145642j:plain

【こちらが入り口】

f:id:totsuspo:20200724150153j:plain

【テラス席。この後豪雨になりましたが、大丈夫だったのかな】

いつの間にか、カメラのISO感度を200に固定してしまっていて、中の写真はブレブレになってしまいましたので、今回は割愛。

結局かみさんが何やら買い込んでいましたが、私はこれといって欲しいものもなく、雨も強くなってきたため、アミティへと撤退。

f:id:totsuspo:20200724151031j:plain

【ドアを止めるのになぜかレールが使われていて、小僧のテンション⤴w】

f:id:totsuspo:20200724151049j:plain

【できればこちらもゆっくり見たかったのですが】

f:id:totsuspo:20200724151113j:plain

【頑張ってこれだけ撮影】

この後アミティに戻ったら途端に雨足がさらに強まりました。

f:id:totsuspo:20200724151632j:plain

【豪雨です】

びしょ濡れにはならずに済みましたが、それなりに濡れてしまいました。

この雨ではもうしょうがないねということで、ここから車泊地に決めていた道の駅こぶちさわへ。

途中、モンベル諏訪店とユニクロに寄りながら、下道でのんびり移動しました。諏訪のモンベルにはアウトレットコーナーがあるので、こちらに来たらそこで手近なものを購入するのがいつもの習わしとなっていますw

今回は、Tシャツを2枚とパンツを1本購入。それぞれ1000円ずつほど安くなっていたので、3000円ほど安く購入することができました。ありがたいことです。結局モンベルでは40分ほどを過ごしてしまいました。

道の駅こぶちさわは、お風呂があるのがありがたいです。冬にもちょくちょく利用しているので勝手知ったるといったところ。今回もいいお風呂でお世話になりました。

続きはまた明日です。

花と虫とのプチキャラバン ~スカイプラザでひとやすみ~

昨日Twitterで、用宗のしらす漁船が出漁したというツイートを見たのですが、どういうわけだかそれが今日のことだと勘違いしてしまい、

「久々にシラス買ってくるわ」

と自転車で出かけて空振りに終わったのが午前中。

 

がっくりしたのと疲れたのなどが相まって、昼寝をしたりネットを見たりしてダラダラ過ごしているうちに、ずいぶん遅くなってしまいました。そういえば、陸上の静岡県選手権がYouTubeライブ配信されていたりして、30年ほど前の記憶を思い出しながら眺めていたり。

以前は東部・中部・西部の各選手権で16位に入れば参加資格を得られたのですが、今は標準タイム制になっているんですね。一応、専門にしていた種目なら、今でも参加できるだけのタイムだったようです。

当時はほとんどのレースが高校生だけのレースでしたから、この選手権は大学生や一般の方とも走ることができ、いつもと違った雰囲気でいたことを思い出しました。

さて、車山は下山を済ませてスカイプラザでちょっと一服です。

f:id:totsuspo:20200724131900j:plain

スカイプラザ前にはビオトープがあります】

f:id:totsuspo:20200724132352j:plain

【小さなカエルを発見】

f:id:totsuspo:20200724132408j:plain

【何か獲れたかな?】

水としばしたわむれた後は、カフェ?で一休みしました。

f:id:totsuspo:20200724132940j:plain

エスプレッソラテがおいしそう】

f:id:totsuspo:20200724135444j:plain

【メニューはこちらです】

f:id:totsuspo:20200724133818j:plain

【リュックもお疲れ様】

f:id:totsuspo:20200724133855j:plain

【左から、ミルク・ダブルエスプレッソ・アフォガート

小僧はこれに加えて、ソフトクリームも食べていました。太るぞ。

食べ終わるのに時間がかかりそうだったので、中のおみやげを拝見。

f:id:totsuspo:20200724134706j:plain

【パンフレット類が多数取り揃えられていました】

f:id:totsuspo:20200724134711j:plain

【広さ・品数ともにまずまず】

f:id:totsuspo:20200724134721j:plain

【山道具のコーナーにはついついフラフラと立ち寄ってしまいます】

f:id:totsuspo:20200724134836j:plain

地ビールも増えましたね】

f:id:totsuspo:20200724140447j:plain

【これ、おいしいんですよね】

結局、今回は小僧が車山のピンバッジを買っただけでした。これで百名山3座目です。特に目指してはないですが、一緒にいくつかでも登れるといいなぁ。

外に出たら、リフト券売り場がありました。

f:id:totsuspo:20200724140829j:plain

【けっこう高いですよね】

とはいえ、往復2時間半の道のりを、ほとんど歩かずに移動できるのだと思えば、こんなものでしょうか。

アミティに戻ったら、お向かいにもアミティが停まっていました。持ち主さんはいらっしゃらないようで、声をかけられなかったなー。

f:id:totsuspo:20200802233201j:plain

【今回はこれを含めて、3台のアミティとニアミスしました】

さて、この後は、コロポックルヒュッテのある車山肩へと移動します。続きはまた明日です。