From Shizuoka to everywhere(^^)/

A to Z社のキャンピングカー『アミティ』の購入をきっかけに始めたYahoo!ブログの閉鎖に伴い、はてなに引っ越してきました。我が家のお出かけを中心に徒然と記事を書いています。我が家は私・かみさん・小僧という家族構成です。それぞれの趣味趣向が表れると思いますが、主に私・かみさん:キャンプ・スキー・山登り・自転車・旅行 私のみ:マラソン 小僧:鉄道 という方向性になっております。お付き合いいただければ幸いです。 ブログ名にあるように、静岡在住です。

なんとなく慌ただしかった1日

ただいま、RVパーク『ウイングヒルズ 満天の湯』で車泊中です。

アルペンが運営するキャンプ場です】

【駐車場の一角がRVパーク】

 

今日は、道の駅「一乗谷あさくら水の駅」で目覚めたあと、身支度だけ整えてまずは移動開始。車で20分ほどの永平寺へと向かいました。

永平寺の駐車場に到着したのは8時40分頃。この頃はまだ駐車場にも余裕がありましたが、30分も経たないうちに周辺駐車場はすべて満車となり、道路も渋滞が始まっていました。この時期の観光地は、8時半頃までに到着しておいたほうがいいのかもしれません。

我が家は駐車場で朝食をとり、9時15分頃に永平寺へと向かいました。小田さんのライブでいつも流されている「ご当地紀行」(小田さんがライブ会場のある周辺の土地をめぐる様子がまとめられたもの)で小田さんが訪れていたのと、我が家のお墓のあるお寺が曹洞宗なので、永平寺には一度行ってみたいなと思っていたのです。

行ってみると、身延山久遠寺と全体的なイメージが似ていましたね。山の中にある大本山と、その手前に連なる門前町といった風情です。こちらには2時間ほどの滞在。

【入り口から圧倒されます】

【迫力の大広間】

【どこを見ても見応えがありました】

 

そこから、来た道を戻って今度は、一乗谷にある朝倉市の遺跡へ。こちらは既に駐車場が満車になっていましたが、ナビを設定している雰囲気の車がいたので待っていたら、そのうち出発してくれたので、駐車場確保。歩いて遺跡を巡ってきました。

こちらの遺跡はかなり広く、途中で昼食を食べたりしていたこともあって、全部は回りきれず。昨年オープンしたばかりの『福井県一乗谷朝倉氏遺跡博物館』にも行きたかったのですが、こちらもスルーせざるを得ませんでした。

【往時をしのびます】

【復原町並は見てきました】

というのも、この日は15時から化石発掘体験の予約をいれていたのです。場所は九頭竜湖にほど近い、『大野市化石発掘体験センター HOROSSA!』。ここが一乗谷エリアから50kmほど離れているので、移動には1時間以上を見ておかなければなりません。ということは、13時半頃には出発ということになります。

結局、それより少しはやめに出発したので、泊まってみたかった道の駅『越前おおの荒島の郷』にもちょっと寄ってお土産を買うなどして、定刻の10分ほど前にHOROSSA!に到着。

説明を聞いたあと、50分ほど一心不乱にハンマーを振りまして、一応化石と言えるものをいくつか手に入れることができました。

【一心不乱です】

そして、ここからさらに移動すること1時間ちょっとで現在地となります。

こういう時でないとなかなか体験できないこともしたいですが、予約をすると時間に縛られてしまうというジレンマはありますね。なんとなく今日は慌ただしかったです。

その反動か、17時過ぎにRVパークに着いてからはのんびりしてしまい、お風呂での夕食と、車に戻ってからの二次会でビールを飲みすぎてしまい、23時過ぎまでは倒れておりました💦

【こちらでお風呂とビールを堪能】

明日は移動のベクトルを静岡に向け、帰路につき始めますが、もう1泊する予定です。まずはかみさんと小僧は長良川鉄道乗車からスタート。その後はミニ四駆のコースに行きたいということで、そちらに寄ってからRVパークへと向かいます。